ネズミや蜂の巣を駆除する専門業者:トラブルメーカーバスター

トラブルメーカー

シロアリによって起こる住宅のトラブル

insects extermination

シロアリは、住宅に住み着いて被害をもたらすといわれています。そもそもシロアリはアリの仲間ではなく、生物学的にはゴキブリに近い生物とされています。シロアリの主食は木なので、建物に住み着くと柱などの木材を食べていきます。その他にも、家にあるダンボール、書籍類、皮革類、プラスチック、発泡スチロールまでかじります。なぜ住宅に住み着くかというと、そこがシロアリにとって快適な環境だからです。シロアリは、通気が悪くて湿気があり、餌となる木材がある場所がお気に入りです。ほとんどの木造住宅の床下が、これらの条件に当てはまるといえます。なので、シロアリを防ぐには、これらとは逆の環境を作る必要があります。たとえば、床下の換気をこまめに行ったり、調湿剤の敷設がたいへん有効です。

防除作業の具体的な方法

アリが住宅に住み着くのを防ぐためには、プロの業者にシロアリ防除を依頼する必要があります。プロによる防除で主に行われるのは、穿孔注入処理と土壌処理となります。まず穿孔注入処理というのは、柱などの木材に直接薬剤を注入する施工です。やり方は、まず家の床下の土台や束柱にドリルで小さい穴をあけていきます。それから、防除作用がある薬剤を専用の工具で穴に注入していきます。次に、薬剤の浸透効果を高めるために、木栓を打ち込みます。その後、被害にあいやすい柱や土台に念入りに薬剤の吹き付け処理を行います。もうひとつの土壌処理は、床下に薬剤のバリア層をつくる施工です。土壌に薬剤を散布することで、シロアリの侵入を防ぎます。