ネズミや蜂の巣を駆除する専門業者:トラブルメーカーバスター

性格を知る

ハトの習性と害について

insects extermination

ハトは古くから人間の生活に入り込んでいますが、近年その害が多数報告されています。被害の出る理由のひとつに、ハトの特性である「執念深さ」があります。ハトは一旦巣を決めるとなかなかよそへ変わることはありません。また特定の餌場や羽を休める場所も変えないので、そこには糞がたまり問題が起きるのです。糞の放つ悪臭だけでなく、ゴキブリやダニなどの害虫の発生する原因にもなります。糞には金属を腐食させる成分が含まれているため、付着するとベランダや窓の柵部分が傷んできます。また自分の居住部分に被害がなくても糞がたまっているのを見るのはなんとも不快なものです。

どんな撃退法があるのか

ハトは巣作りの場所を「外敵から攻撃を受けない」ことを条件に決めます。マンションのベランダやビルの屋上の室外機の陰などは、格好の巣の場所になるのです。もし以前は見なかったはずの糞が、一定の場所で増え始めたら要注意です。ハトがそこを巣と決め出入りしている証拠です。とにかくこの初期の段階で手を打つことが、撃退への第一歩です。しかし習性についてよく知らない人が、市販のハト除けグッズを使っても上手くいかないことがあります。再びハトが戻ってきてしまうのです。根本的に撃退するなら専門の業者に依頼することが出来ます。被害の状況をしっかり把握し、現場に応じてネットや薬品(人体に無害のもの)を使います。その際ハトを殺すことはありません。また最近では鷹匠によるタカやフクロウを使った撃退法もあります。ハトに恐怖感を与え、その場に寄り付かなくさせるのです。数年前に比べ業者も増えてきました。信頼できる業者を選び早い段階で撃退しましょう。